fbpx

どちらの文章も「バスで行けばいい」という意味です。
They both mean 「バスで行けばいい」

けれど、シチュエーションによって違う文章を言います。
But the sentence that you use depends on the situation.

「会話相手がバスで行く」と思わなければ(例えば:バスが動いていない時、会話相手がバスが大嫌いで使わない時など)、”If you went by bus, it would be better” と言います。
If you think that your interlocutor will not ride the bus (for example: the bus isn’t going, your interlocutor won’t ride it because he hates buses etc.) you say “If you went by bus, it would be better”.

その文章は2つの部分から成り立っています。
This sentence consists of 2 parts.

1つ目は原因を説明する部分部分 “If you went by bus” です。
The first is the part to describe the cause “If you went by bus”.

2つ目は結果を説明する部分です “it would be better”。
The second is the part to describe the effect.

英語では日本語と違ってこの2つの部は順番を逆にしてもいいです。
In English, you can reverse the order of these two parts, unlike Japanese.

このパターン現在か未来のことについて話す場合に使えても、過去の場合には使えません。
Even though this pattern can be used to talk about present and future things, it can’t be used to talk about the past.

過去のことの場合には、違うパターンを使います。
In the case of past events, you use a different pattern.

そのため、このパターンは “Imaginary Nonpast” と呼ばれています。
Because of that, this pattern is called “Imaginary Nonpast”.


むしろ、もし会話相手が時々バスで行くかもしれないと思えば、”If you go by bus, it’s better” と言います。
On the other hand, if you think that your interlocutor sometimes takes the bus, you say “If you go by bus, it’s better”.

最初のパターンのように、2つの部分の順番を逆にしてもいいです。
Like the first pattern, you can reverse the order of the two parts.

この2つのパターンはよく使われています。
These two patterns are often used.

例えば:
For example:

スカイツリーと鳥居の前にいる人

Leave a comment