fbpx

発音をマスターする方法

「子供は言語の発音が習得できるけど大人はできない」と言われることがよくありますが、実はそうではありません。第二言語の発音システムは母国語といくら違っても、大人が習うメソッドがあります。下記で説明いたします。:

1)舌や唇などの状態の意識を開発する(音声学)

人間は違う母音や違う子音を作るために、4つ程度のことを変えます。これらは

  1. 舌の状態
  2. 唇の状態
  3. 喉の状態(特に喉が響くのかどうか)
  4. 鼻の状態(開いているか閉まっているのか)

上記の4つは言語学者に「声道」と呼ばれています。外国語の発音が効率的に習えるようにするためは、声道の状態をしっかり意識することが必要です。これを勉強するためには時間がかかりますが、その後の外国語の発音が早く習得できますから習う価値があります。つまり、時間を短縮できるメリットがあります。

2)第二言語と母国語の発音システムの違いを勉強する(音韻論)

どの言語が母国語でも、どの言語を勉強したくても、第二言語の習得には以下の要素を重視すれば効率的に発音を上達させることができます。:

  • 自分の母国語のネイティブスピーカーはどの母音や子音を分けますか?
  • 自分の母国語のネイティブスピーカーはどの母音や子音を混同しますか?
  • 第二言語のネイティブスピーカーはどうですか?
  • それはどこがどのように違いますか?
  • その相違点は声道の状態からいうとどう説明できますか?

3)ミニマルペアの練習

「ミニマルペア」とは発音の1点だけが違う2つの単語です。語学者には、自分の母国語のネイティブスピーカーが発音を混同するミニマルペアを練習することを勧めます。

英語を学ぶ日本人に、下記のミニマルペアが大事です:

子音

母音

RとLの発音のミスで意味が通じない

レッスンを受ければ上記の発音の違いを全て理解することができます。