fbpx

なぜマンツーマンレッスン?

カスタマイズされたフィードバック

まず、マンツーマンレッスンでないと、それぞれの生徒さんは自分の質問や弱点に関するフィードバックをもらう機会が少なくなってしまいます。

グループレッスンの先生が自分の時間を割り当てているから、それぞれの生徒さんはあまり構ってもらえなくて不満

どんな話題でもあなたのレベルに合うレッスン

外国語を習う方はそれぞれのレベルによって違うカリキュラムが必要だということは言うまでもありません。

皆が学ぶ中心にすると良い物は、まだ使えなくてももう説明が分かるようになった言葉や文法です。

その言葉や文法は第二言語習得研究者に“i+1”と呼ばれます。以前に勉強しておいて既に使えるようになったものは“i”と呼ばれます。

一般の英会話スクールは生徒さん達を「初級」や「上級」のグループに分けて、どんな話題の話でもそれぞれのレベルの生徒さんの“i”が平等なのを決めて行います。

生徒さん達は自分のレベルによって違うグループに入る

しかし、外国語を勉強している方は経験や生活が違いますので、話題によってレベルが全然違います。例えば下記の3名の生徒さんはグループレッスンの英会話スクールの「中級」というレベルに入るはずです:

  • Aさん……海外に行くことがなくてもテレコンファレンスのために定期的に英語を使っているビジネスマン
  • Bさん……よく海外旅行に行っている主婦
  • Cさん……英語を話す機会がなくても英文学を勉強している大学生

しかし、その3名の生徒さんは会話の話題によって“i+1”と“i”が全然違います。例えば電話でレストランを予約するロールプレイの場合を考えてください:

  • Aさんは電話で英語を話すのに慣れていますので、このロールプレイは簡単すぎます。(Aさんにとっては“i+1”ではなくて“i”です)
  • 多分Bさんがチャレンジされるためにちょうどいい練習です。(Bさんにとっては“i+1”です)
  • Cさんはレッスン以外に英語を話す経験が少ないせいで難しすぎます。(Cさんにとっては”i+1“を超えてしまいました)

一方で、外人に日本料理を説明するロールプレイは上記と全然違う場合です:

  • Aさんは外国人に直に会ったこともないし、英語を話す経験もほとんどビジネスに関することなので、難しすぎるかもしれません。(この場合にはAさんにとっては“i+1”を超えてしまいました)
  • Bさんは海外で日本料理を説明してみたことがあるはずなので、簡単すぎるかもしれません。(この場合にはBさんにとっては“i+1”ではなくて“i”だけです)
  • Cさんのレベルにちょうどいい練習かもしれません。(この場合にはCさんにとっては“i+1”です)

「ビジネスイングリッシュ」「日常会話」のどちらでも、生徒さんのレベルを判断するのは難しいことです。「ビジネスイングリッシュ」というグループにエンジニアや会計士、セールスマンもいます。「日常会話」というグループには、ワーキングホリデーを目指している方や海外のドラマに興味がある方、英語で日本の伝統文化を説明したい方もいます。

レベルを計る事後できないのを説明するグラフ

個人レッスンなら、どんな話題でも自分のレベルから習い始めることができます。あなたの英会話レベルが高い話題の場合には、次の段階の会話にチャレンジできます。逆に自信がなかったり言葉が分からない話題の場合には、一から習うことができます。

自分のペースで進んでもいいんです

上記の問題に加えて、グループレッスンには他の問題もあります。生徒さんはそれぞれレッスンのペースが違います。自分のペースで復習したり予習したりしないと付いていけません。そして、自分にとっては難しいレッスン内容のせいで覚えるまでに時間がかかる時もあります。そのせいで置いてきぼりにされることも少なくありません。

逆にグループレッスンのペースが遅すぎると思っている方も多いです。

みんなが違うペースで習うからグループレッスンで早すぎると思う生徒さんも遅すぎると思う生徒さんもいる

しかし、プライベートレッスンではこのような問題はありません。マスターするまで何回復習することができます。そして、もし新しく習った言葉や文法をすぐにクリアできたら、次の課題に進んで構いません。

個人レッスンだと生徒さんのれブル似合う

あなたに分かりやすくされた例文

人によって興味が違うからみんなが面白がるレッスンを教えることが出来ない英語を学ぶ目的も興味も生徒さんによって違いますので、同じ文法や言葉を教えてもその目的や興味によって例文がカスタマイズされた方が効率的です。

例えば、下記のパターンはよく使われていますので、全ての生徒さんに必要です。

ABXYZして欲しい
A want(s) B to XYZ

しかし、よく使う状況がとても多いので、それと同じだけの教え方があります。

詳しくは、レッスン流れ教材のページをご覧ください。

マンツーマンレッスンなら、それぞれの生徒さんの興味に合った例文を自由に使えます。